サーフィンの練習にはスケートボードです。

サーフィンの練習用具として一番に挙げられるのはやはり”スケボー”ですよね?jyonjyon

でもそのスケボー選びを間違えるとサーフィン上達の妨げになります。

それではサーフィン上達に欠かせないスケボーの選び方とは?

大きく分けて3つに分類されます。

1、サーフィンスタイル作り用スケートボード

これは一般的にサーフィンの練習用として売られているものですが、フロントトラック(前タイヤの付いている部品)が左右に回るように付いているタイプです。

このタイプはあまり走って練習するというよりは、狭い駐車場や道幅の狭い道路などで上半身の動きをイメージするための物だと思ってください。

これを広いところでスピードを付けて行うと逆に変な動きの癖がついてしまいます。

ある程度スケートボードをコントロールできる上級者なら問題ないのですが、これから上達したいと思っている初・中級者の方には難しくなってしまいます。

↑人気のカーバー(CARVER)です。↑

2、ライディングテクニック練習用スケボー

一番のお勧めはコチラのタイプです。

先ほどのカーバーとは違い、ノーズが横に回りません。

なのでしっかりと体重でボードを傾けてターンをしないと曲がらないという事になります。

先ほどのカーバーでターンの練習をすると(特にアップス)板をグリグリと横に振って動いてしまう方が多いのですが、これを海でやってしまうと全く加速しませんし、変な癖がついてしまうのでお勧めできません。

そこでカーブボード(CARVE BOARD)がお勧めです。

ある程度広い土地が必要ですが、しっかりとしたターンのテクニックが身に付きます。

練習できる土地の広さで板を選択しても良いかもしれませんね。

最初は難しく感じますが、これを乗れるようになったら海でも自然に乗れるようになっていますよ!

 

3、トップアクション専用スケートボード

トップアクション専用と書きましたが、いわゆる普通のスケートボードです。

スケーターが乗っている普通のボードですね。

これはしっかりとノーズを上げて板を左右に振れること、さらにオーリーなどでジャンプしたりすることで、サーフィンの前足と後ろ足の踏み込み加減が上達します。

先ほどのカーバーでも前が上がるのですが、ちょっとでも横に振るとノーズが横に流れてしまいますので安定感に欠けます。

トップアクションに練習をしたい方は普通のスケボーが一番です!

特に最近のボードはかなりクイックに動くので、この普通のスケボーでの動きがそのまま出ます。

更に上達を目指すならランページに入るなどかなり重宝する練習アイテムですよ。

 

ちなみに画像のジョンジョン・フローレンスですが、スケートボードもプロ級ですよ!

スケートボードでもバンバンエアーしますから海であんなエアーが出来るんですね~